肌の調子が悪い時、改善に一番効果があるのは・・・?

0

    肌の調子が悪い時、どのように改善していますか?

     

    化粧品やビタミン剤など、たくさんの方法を試していると思いますが、

     

    一番いいのは・・・・

     

     

    ”寝ること”です。

     

     

    これは、30代以上の方が実感しやすいと思いますが、

     

    良い化粧品やビタミン剤を飲んだり、美容ドリンクを飲む、野菜を積極的に食べる、よりも、

     

    早く寝る、できれば11時くらいまでに寝る方が、肌は改善されます。

     

    『睡眠が美肌を作る』は本当です。

     

     

    椿乃華オンラインショップ|スキンケアの基本


     

    ご存知のように、血液は血流に乗って体内を巡り、体の各所へ栄養を届ける役割をしていますが、

     

    起きている間は、活動的に過ごすため、血液のほとんどが脳へ集中しています。

     

    このため、肌にまで栄養が行き渡りません。

     

    しかし、眠ると体全体に血液が流れ始め、疲れた体の修復をおこなったり、肌にまで栄養が行き渡るようになります。

     

    ただ体を休めているのではなく、体内では修復作業が行われているのです。

     

    さらに、入眠後3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになり、肌が最も活発に生まれ変わる時間です。

     

    この睡眠中の修復時間には、6時間ほど必要です。

     

    睡眠時間が6時間を切ることが増えてくると、体の修復が終わらないまま、翌日も活動することになり、

     

    毎日の疲れや肌荒れが溜まって、いつまでも体や肌の調子が悪い・・・ということになるのです。

     

    そうは言ってもなかなか10時11時には布団に入れない・・・という方も、

     

    できれば日を跨ぐ12時頃には寝るようにしたいところ。

     

    そして、毎日寝る時間を統一することもリズム作りには大事です。

     

    寝る時間がバラバラだと、ホルモンバランスが乱れやすくなり、心身の健康状態にも影響してきます。

     

     

    夜、寝付きが悪いという方は、寝る1時間前から間接照明などの灯りだけにしたり、

     

    ストレッチやヨガをして筋肉をほぐしたり、飲みものもコーヒーや緑茶などは避けて、

     

    ノンカフェインのお茶や白湯、ホットミルクなどがGOODです。

     

    スマホをギリギリまで見ていたり、のめり込むような本を読んだりするのは、

     

    脳を活発化させてしまい、寝付きが悪くなります。

     

    質の良い睡眠のために、枕を厳選するのもいいでしょう。

     

     

     

    すっきりと目覚め、美肌を維持しましょう。

     

     

     

     

    椿乃華オンラインショップ

     

     

    JUGEMテーマ:健康





    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:64 最後に更新した日:2020/09/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode