化粧品だけじゃ美肌になれない!積極的に摂りたい美肌食材

0

     

    美肌作りといえば、まずは化粧品に意識が向かいますが、内側からのケアももちろん大切。

     

    特に抗酸化作用のある食べ物を意識して摂ることは、健康にも美容にも大事なことです。

     

    体の酸化を防ぐことは、病気になりにくい強い体を作ることにもなり、また、老化を遅らせる働きもあります。

     

     

    椿乃華オンラインショップ|抗酸化作用のある食材

     

    酸化を抑える働き「抗酸化作用」をもつ食材は、ビタミンA・C・Eやリコピン、カロテノイド、コエンザイム、ポリフェノールなど多くのものに含まれています。

     

    緑黄色野菜、発酵食品、魚類、ナッツ、ニンニクなどを食事に取り入れましょう。

     

     

    具体的には、アスタキサンチン、これは鮭やカニ、えびの赤い部分に含まれるカロテノイドで天然の色素の一種です。

    抗酸化力はなんとビタミンCの6000倍とも言われています。

    トマトやにんじんにも含まれるカロテノイドは、食事にも取り入れやすいですね。

     

    納豆。実は納豆は、美肌効果のほか、腸内環境を良くする働きがあります。

    腸内環境を良くすることもまた、美肌を作ることに繋がります。

     

     

    ポリフェノール。これは聞いたことがあると思います。ものすごくたくさんの種類があります。

    カテキン(緑茶に含まれていることで有名)、イソフラボン(大豆でおなじみ)のほか、ワイン、りんごなどにも含まれています。

     

    サプリメントもたくさんの種類が出ていますが、

    旬の食材をはじめとした野菜や緑黄色野菜、ナッツ、大豆食品、発酵食品を意識して取り入れ、

    その上で足りないものだけを効率的に摂るのがお勧めです。

     

    以前の記事でも記載しましたが、カフェインはビタミンCを壊し、またミネラルやビタミンを排出してしまうので、摂りすぎは要注意です。ビタミンCのサプリメントを飲む場合は、カフェインとは時間を空けて摂取するようにしましょう。せっかく体のためにビタミンCをとっても、壊され、すぐに排出されると意味がありません。

     

     

     

    反対に、酸化を促進させる食べ物もあります。

     

    揚げ物やポテトチップスなどのスナック菓子、ハンバーガーなどのファストフードです。

    体にあまり良くなさそう・・・良くないと分かっていてもつい食べちゃうものは、

    中毒性もありますし、摂りすぎないように注意が必要ですね。

     

     

    美肌を保つには、酸化しにくいスキンケアも大事!

    椿乃華オンラインショップ|国産椿油の使い方

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スキンケア



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:32 最後に更新した日:2020/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM