オーガニック、自然派、界面活性剤、防腐剤・・・本当に良いのは?悪いのは?

0

     

    今日は、恐らくたくさんの方がわからなくなっているであろう、

    自然派やオーガニックなどが本当に良いのか?界面活性剤や防腐剤は本当に悪いのか?という疑問について。

     

     

     

    一時期、洗浄剤と名のつくものほぼ全てに入っている界面活性剤や防腐剤など、

    肌にとっても悪い!!とものすごく悪者になっていました。

    現在の化粧品技術もとても上がり、大抵の製品は優れている製品がほとんどです。

    しかしこれだけ情報が溢れている時代ですが、やはりオーガニックや自然派にこだわり、他を悪とする方々も少なからずいます。

     

    でも、植物由来だから安心なのでしょうか?

    オーガニックってどんなものでしょう?

    鉱物油だから悪いものでしょうか?

    界面活性剤や防腐剤は、人体にとって毒があるのでしょうか?

     

    一つずつ見ていきましょう。

     

     

     

    植物には、たくさんのアレルギー反応を引き起こすものもありますね。

    痒みやかぶれ、ひどいときはアナフィラキシーショックを起こす人もいます。

    ある植物にアレルギーを持つ方が、その植物エキスの入ったものを安心して使うことはできません。

    植物性=安心ということではありません。

     

     

    鉱物油はだめ!肌に塗るものを石油で作るなんて!と思ってる方もいますが、

    化粧品や軟膏などに使われている白色ワセリンをご存知ですか?

    白色ワセリンは、「石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したものである」と定義されています。

    そう、赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激のワセリンは、鉱物油です。しかも天然成分。どっぷり自然派、と言えるでしょうか。

     

     

    界面活性剤。これは洗浄剤のことですが、界面活性剤にも様々な種類があります。

    低刺激、肌荒れしにくい、など敏感肌にも使用できるような種類のシャンプーやボディソープなどには、

    アミノ酸系やべタイン系の界面活性剤が使用されています。

     

    「界面活性剤が怖いので、自然派の石鹸を使っています」という方がたまにいらっしゃますが、

    石鹸は界面活性剤の一種です。しかも洗浄力は高め。脱脂力の強いものが多いです。

    石鹸にも肌に優しいものから脱脂力の強いものまでたくさんの種類があるので、一概にどれが良い悪いはありません。

    実際に使ってみて、肌に合う合わないを決める必要があります。

    私にも経験がありますが、大手メーカーの自然派の石鹸を使ってみたとき、肌がピリついたことがありました。

    自然派だから良さそう!と試したけど、私の肌には合わなかったということですね。

    ここで注目すべきは、自然派だから合わなかったのではなく、『この製品に含まれる何かの物質』が合わなかったのです。

     

     

    それから防腐剤。これには、かなり多くの方が敏感です。

    「パラベン」という単語を聞いたことがあると思います。

    パラベンは、人体への毒性が低く、抗菌性に優れています。しかしこのパラベンは表示指定義務があったこと、皮膚刺激が強いものがあることなどから敬遠されがちなのは事実です。

     

    しかし、化粧品は、アミノ酸や糖類、天然の油脂成分などカビや微生物の大好物も多種含まれており、使用中に手などから微生物が混入するとすぐに化粧品が変質してしまいます。使用期間も1日2日ではないため、長く保存できて、質が変わらないよう安定性が必要です。

    防腐剤不使用の化粧品も出ていますが、防腐剤や酸化防止剤を使用していないものは、かなり早い期間で使い切ってしまわないと気づかずに腐敗した化粧品を塗っているという恐れもあります。先日の記事でも書いたように、そもそも日常での使用量が少ない場合が多いため、メーカーが設定する使用期限よりも長く使用しているケースが多いのです。(スキンケアのダメ習慣|そもそも使う量が少ない問題

    最近では、制菌効果のある成分と併用して防腐剤は少量配合でも安定した化粧品も多く出ています。

     

     

    リンスやコンディショナーに使われるシリコンが毛穴に詰まって良くないからノンシリコンが良い。

    これもまた違います。この誤解は本当に多いですが、中には美容師さんにノンシリコンじゃないと危険だ!と言われた方もいらっしゃって、市販の製品に大変不安を感じてたようでした。不安を煽られたようで気の毒です。

    トリートメント系に使われるシリコンはそもそも粒子が小さいため、毛穴にはつまらないことが既にわかっています。

     

     

    それから、オーガニック。

    日本ではまだ、化粧品のオーガニックの定義は曖昧です。有機栽培で作られた植物を一つでも使った製品を「オーガニック」ということができます。つまり、ある有機栽培の植物性成分以外の他の成分についてはオーガニックではない場合があるということです。ちなみに、農林水産省の有機JAS認定は、食品のみで化粧品には適用されていません。

     

     

     

    製品一つ一つに製造者さんの想いがあり、消費者のために試行錯誤して作られた良い製品はたくさんあります。

    界面活性剤や防腐剤は、化粧品以外にもあらゆる製品に使われてますし、食品添加物だって同じですね。

    大事なのは、使う際にその製品が持つブランドやイメージではなく、自分に合うか、体にトラブルはないか、その製品が自分をいい気分にしてくれるか、など製品と自分との相性です。それと、事実を知ること。

     

     

    私も以前は同じように、迷っていましたし、口コミで良いというものを使ってみたものの、「良くないじゃん!!」ということもありました(笑)。

    現在は、コスメコンシェルジュとして、勉強した知識をこうして配信できています。SNSなどで美容家と名乗っている方の情報を見て「この情報は違うなあ・・・」というものに出くわすこともよくあり、正しい情報が埋もれてしまうことを危惧しています。

     

     

    気になる製品があったときに、その製品に関するよくわからない情報はちょっと脇に置いて、是非ご自分で試してみてください。

    もしかしたらとても気に入って、その製品と長い付き合いになるかもしれません。合わなければ、他をまた探すだけです。

    自分で試したものは、自分の中で知識として蓄えられるので、未来の自分の判断材料になってくれます。

    そうやって研究しながら、独自の目線で分析し、お気に入りの製品を見つけてくださいね。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スキンケア


    コメント
    コメントする








       



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:51 最後に更新した日:2020/07/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode