便秘・血行不良・むくみや歪み・シェイプアップ体幹を鍛えるのに効果大な簡単習慣!

25

今日は短い時間でできる、健康と美容のための効果的な習慣について。

 

 

 

「さあ!痩せよう!」と意気込むと、

 

普段あまり運動をしないのに、ついハードなエクササイズやサーキットトレーニングなどを初めがちですが、

 

ハードなトレーニングは普段運動をしていない人には続けにくいものです。

 

人の習慣は約2ヶ月続けないと習慣にはなりにくく、また結果も習慣になってから出てき始めます。

 

ハードなトレーニングは、余力があってこそできるもので、

 

「今日はいろいろあってきついから明日からまた頑張ろう・・・・」となってしまう事が増えて、

 

気付いたら思い出しもしなくなっている・・・というパターンも多いですね。

 

 

 

 

ブリッジも逆立ちも、全身の血の巡りを良くし、体の歪みやむくみ解消に効果があります。

 

内臓を刺激し、便秘にも良いですよ。

 

体幹も鍛えられますので、朝や晩の習慣にして、健康的に毎日をお過ごしください。

 

 

最初は20秒くらいの短い時間から初めて、慣れてきたらポーズをキープする時間を伸ばしてみましょう。

 

逆立ちはやってみるとわかるのですが、全体重を腕で支えるというのは結構ハードです!

 

心配な場合は、壁際に布団をつけたりして首に十分注意しながらやってみましょう。

 

できれば事前に関節の可動域を広げるストレッチや体操をして、体を慣らしてから行いましょう。

 

ブリッジをする際は、腰などを痛めないよう、無理をせずにできる範囲でやってください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ボディケア


順番が大事?効率よく痩せるためのルール

17

自粛解除とはいえ、まだ注意深く過ごす日々が続いていますが、

体調はいかがでしょうか。

 

今日は永遠のテーマ「ダイエット」について。

 

一口に痩せると言っても、やり方は人それぞれ。

でもただ細くなるのではなく、健康的に痩せたい。

 

実際に食事制限をするダイエットはとても辛く、

また専門的な指導のもとで行わないと栄養の偏りや不足になりとても危険です。

 

細くなっても、体は不調、肌は荒れ放題では、

きれいになりたくてやっているはずのダイエットできれいになれない・・・ということになります。

 

食事制限は極力せずに(過度な糖分を控えるなどの制限はある程度必要ですが)、

ここでは運動の種類と順番で、効率よく体を動かすことをお伝えしたいと思います。

 

 

 

1、ストレッチをする

 

 

ストレッチは、普段は運動しない方もやっている場合が多いでしょう。

ストレッチには、実は2種類あり、『動的ストレッチ』と『静的ストレッチ』。

前者はラジオ体操のように、関節の可動域を広げたり、動きながら筋肉を伸ばしていくストレッチです。

静的ストレッチは、じっくりと筋肉を伸ばすような前屈や開脚などをいいます。

 

筋トレと組み合わせると、より効果的なストレッチですが、

動的ストレッチは筋トレの前に、静的ストレッチは筋トレの後にやると良いとされています。

ここで注意したいのは、順番です。

 

静的ストレッチを筋トレの前にやってしまうと、筋肉を伸ばして柔らかくなり、筋肉の弾性が低下します。

そうすると、筋トレをしても効率よく筋力をつけられません。また、乳酸がたまりやすくなり疲れの原因にも。

 

筋トレの効果を上げるためにも、開脚やゆっくりと筋肉を伸ばすようなストレッチは

クールダウンとして筋トレ後にやりましょう。

 

 

 

2、筋トレをする

 

 

人は、下半身に70%の筋肉量があります。

下半身の筋肉は大きく、鍛えることで効率的に全体の筋力を上げる事ができます。

筋力が上がると基礎代謝も上がるため、脂肪がつきにくい太りにくい体になります。

基礎代謝とは、生命を維持するために消費されるエネルギーです。これは10代の中高生の頃に最大になり、年齢と共に減少します。

 

高齢者になっても、いつまでも自分の足でしっかりと歩いて、自分のことは自分でできるような体にするには、下半身の筋力がとても重要です。転倒や怪我の予防にもなりますので、下半身の強化はどんな年齢であっても是非やりましょう。

 

基礎代謝向上や筋力アップのほか、成長ホルモンの分泌が盛んになります。

 

ジムに入会したりせずに、何もなくてもできるのは、スクワットです。

お尻や太腿全体に効きます。

スクワットにもいろんなバリエーションがありますが、まずは普通のスクワットから始めてみましょう。

続けることに自信がない方は、回数や時間帯を決めて行い、

終わったらカレンダーなどに印をつけていくとわかりやすく続けやすいですよ。

 

 

 

3、有酸素運動

 

 

ウォーキングやランニング、ダンス、水泳など、全身の筋肉に酸素を届かせて行う運動です。

筋トレが瞬発的に比較的短時間に行う無酸素運動であるのに対し、

有酸素運動は比較的長時間、20分以上行うのが良いとされています。

 

有酸素運動は、脂肪燃焼、心肺機能の向上などの効果があります。

 

 

有酸素運動を三番目に持ってきたのは、ずばり!!

筋トレの後にやって欲しいから。

 

先ほど記述したように、筋トレをすることで成長ホルモンが増えます。

成長ホルモンは脂肪を分解させる作用があります。

分解された脂肪は、遊離脂肪酸というエネルギーとして使われるための脂肪に!

この分解された脂肪を、有酸素運動によって燃焼させ、痩せていく・・・という流れです。

 

この遊離脂肪酸は、何もしなければそのまままた皮下脂肪に戻るので、

筋トレと有酸素運動はセットで行う方が効率的です。

 

 

つまり、流れは・・・

 

ラジオ体操(可動域を広げる動的ストレッチ)

 

 

筋トレ(スクワットやランジなど)

 

 

有酸素運動(歩いたり走ったり、ダンス・エアロビ・水泳など)

 

 

ストレッチ(ゆっくりと筋肉を伸ばす)

 

こんな感じでしょうか。

 

有酸素運動に関しては、外に走りに行ったり歩きに行ってる暇はない!という方も

今は『マンションでもOK!飛ばない有酸素運動』の動画などを上げてくれている方々もいらっしゃいますので、

是非ご自分に合うものを探してみてくださいね。

 

一緒に健康的にサイズダウンや下半身の筋力強化を頑張りましょう♪

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ボディケア


髪が変わる?30代から始まる髪の老化

22

 

今日は髪について。

 

お客様からの相談でも多いのが、髪のお悩みです。

 

30を過ぎると、白髪が見え始めたり、髪が痩せて細くなる、ハリやコシ、ツヤがなくなる、

髪の密度が下がって薄くなったように感じるなど、髪の変化が多くあります。

 

椿乃華オンラインショップ|ヘアケア

 

 

1、白髪

 

体質や個人差があるが、30代から現れ始める事が多い白髪。

加齢の他、ストレスや栄養不足の場合も。

色素が抜け落ちている状態なので、マッサージでの血行促進で毛根の色素形成細胞を刺激し、改善されることもあります。

 

 

2、パサつき・傷み・切れ毛など

 

パーマやカラー、紫外線などで髪のタンパク質が破壊されたり、ブローや摩擦、乾燥でキューティクルが剥がれ、髪の内部の水分が失われている状態。一度傷んでしまった髪は自然には修復されません。濡れている状態が一番傷みやすいので、髪を乾かす際にタオルで激しくこすったり、櫛で強く解いたりするだけで、キューティクルは剥がれやすく、またキューティクルが剥がれると髪内部の水分は失われやすい。ヘアトリートメントなどで優しくケアを。

 

 

3、薄毛

 

男性の場合はホルモンの影響が大きいが、ストレスや血行不良、頭皮汚れの洗い残しなども原因とされます。

女性は過度なダイエットや冷え性、また頭皮の乾燥などが原因の場合も。

 

白髪や薄毛は、原因が栄養不良であれば頭皮の血行を促進させることで改善される場合もあります。

頭皮マッサージで血行を促進させて、健康な髪と地肌を保ちましょう。

 

 

4、ハリ・コシ・ボリューム不足

 

抜け毛のほか、老化により全体的に髪が痩せて細くなることでハリやコシもなくなり、ボリュームが減ったように感じます。頭皮マッサージでの血行促進と、ハリやコシ改善用のヘアトリートメントでケアを。

 

 

 

髪は一度傷めてしまうとその部分は自然に元の状態に戻ることはありません。

普段から、日傘や帽子で紫外線を防いだり、頭皮マッサージで毛根を活性化させるなど、

髪トラブルを予防するようなケアを心がけましょう。

 

 

 

椿乃華オンラインショップ

 

JUGEMテーマ:ヘアケア


睡眠時間は体のメンテナンス時間!寝ないと美肌が育たない理由

24

近頃、季節の変わり目であることや花粉の舞う季節だったこと、

ストレスなども感じていたりで肌荒れが荒れっぱなしだった私ですが、

やっぱりこれが肌荒れに一番効果的だ!と改めて感じたものは、何よりも睡眠です。

 

 

肌が荒れた時、真っ先に化粧品やビタミン剤、美容ドリンクなどに飛びつきますが、

実は早めに寝ることが一番美肌への近道です。

 

日中起きている時間は、脳が言動や思考を司るため、血液のほとんどが脳に集中しています。

そのため、肌へは効率的に栄養が行き届きません。

例えば、夜の会食に向けて即効性を狙って美容ドリンクを飲んでも・・・肌は変わりません。

 

ところが、夜の就寝中には脳もおやすみして、血液が全身を巡るようになり、肌まで栄養が行き届きます。

夕食にコラーゲンを含む食事をして、翌朝肌がプルプルになった!という話は、

たまに聞きますが、それは就寝中に血液が全身を巡って肌にも行き届いたから。

美容ドリンクなどは、夜の就寝前に飲む方が効果的です。

寝ることで疲労が回復するのは、就寝中に体全体が修復されているからです。

人間の体は良くできています。

 

これは良く知られていることですが、夜寝ている間には、成長ホルモンの分泌も盛んになります。

特に、肌にとっては、22時〜深夜1〜2時の間を肌のゴールデンタイムと呼び、美肌を育てる時間として知られています。

成長ホルモンにより、肌内の細胞分裂が活発になり、傷んだ肌は修復され、また新たな肌も生まれるのです。

 

つまり、『睡眠』は体のメンテナンスの時間。

睡眠不足が続くと疲労も溜まっていくのは、メンテナンスでの体の修復が追いつかないからです。

 

しかも、体内の修復には最低でも6時間ほどは必要と言われており、

6時間に満たない睡眠では修復が十分でないまま、また1日活動することになります。

6時間以上の睡眠が望ましいと言われるのはこのためですね。

 

と言っても、毎日22時に就寝することは難しい、いろんな事情が現代人の生活には溢れています。

それでもせめて、日を跨がない時間、深夜12時までには眠りにつくよう努力すると良いです。

 

また、成長ホルモンは、誰でも絶対にこの時間からこの時間に出ている!!と決まっているのではなく、

それぞれの生活リズムに大きく影響を受けます。

仕事の事情などで早めに就寝できない人は、遅くても寝る時間を統一する方が体のリズムは整いやすくなります。

 

寝る時間がいつもバラバラである人は、ホルモンバランスも乱れがちです。

ホルモンバランスの乱れは、心身の健康を揺るがします。体だけでなく、心の健康もおかしくなっていくのです。

同じ時間に寝起きすることは、体のリズムを整え、日々を健康に過ごす上でとても重要です。

 

寝ても体が疲れたまま、たくさん寝ても体がだるいという方は、

脳が眠っていなかったり、寝ている時の体勢がおかしかったり、ストレスなど眠りを妨げている場合があります。

 

就寝前はカフェインを取らない、携帯やテレビをギリギリまで観ない、など寝る直前まで刺激を脳に与えないようにしましょう。

眠る1時間前には、携帯やテレビをやめると効果的です。

布団の中でも携帯を触っている方もいますよね。これではいつまで経っても質の良い眠りはもたらされません。

寝室に携帯を持ち込まないなど、寝ると決めたら携帯やテレビを手の届かない場所に置いておく方が良いのです。

 

ストレスを感じて寝れない場合は、リラックス効果のあるアロマオイルを炊いたり、

部屋を暗めにして歌のない心地よい音楽を聞いたり、ストレッチなどで体をほぐすのも良いです。

 

以前ご紹介しましたが、手足が冷えて眠れない時は、足湯をしたり白湯を飲むのもおすすめです。

 

どうしても眠れない方は、睡眠のリズムが改善されるまではお薬の力を借りても良いかもしれません。

常用しなくても良いように、ストレスの軽減方法やリラックスできる方法を探しながら改善させていきましょう。

 

 

椿乃華オンラインショップ

 

JUGEMテーマ:スキンケア


【寝たままストレッチ】足と腰・お尻周辺の筋肉を伸ばして、お尻のたるみ・むくみ解消・サイズダウンも

27

1日の始まりや終わりに、ストレッチをすると良いとはよく聞きますね。

 

朝は、寝ている間の固まった関節の可動域を広げたり、血流を促進し、1日を気持ちよく過ごせるように、

夜は、1日頑張って疲れた体を癒したり、安眠に導くような効果もあります。

 

体に良い。わかっていても「あ〜〜めんどくさい・・・」と思う日もありますよね。

朝起きたばかりは、眠たさが勝ってしまって、しばらく頭がボ〜ッとしてますし、

夜は疲れてしまって、一度寝転がると起き上がるのも嫌になってしまうことも。

 

気づいた時に、気になる場所は、気になったその時に、その場で伸ばすように意識するだけで違いますが、

忙しくてすぐにできない方は、夜、寝る前、寝転がったままできる簡単なストレッチをおすすめします。

 

私は子供を寝かしつける時間を『寝たままストレッチタイム』にしています。

 

 

むくみやすい足、また腰やお尻周辺は意識して動かさなければ、凝り固まって老廃物もたまりやすい場所です。

 

普段からウォーキングの習慣がある方は鍛えられている場所ですが、

デスクワークで座りっぱなしの方、また立ちっぱなしの方。

ズボンを履こうとして、「・・・む?なんかきついな?」と感じた方など、

ぜひ、この足とお尻のストレッチを取り入れてみてくださいね。

 

 

 

1、仰向けに寝転びます。

 

2、足を天井に向かって上げ、手で足を掴みます。痛い場合は、イラストのように膝を曲げたり、膝裏を掴んだりしても大丈夫です。

  そのまま、30秒ほど太腿とふくらはぎの裏側を伸ばします。

 

 

3、片方の足首を、もう片方の足の膝上に4の字になるようにかけ、下になっている方の足の太腿を両手で体側に引き寄せます。

  お尻のストレッチです。30秒程伸ばしたら、反対の足も同じように伸ばしましょう。

 

4、片方の足を正座するように折り曲げ、かかとはお尻の外側に出します。

  両足できる方は両足を同時に、できない場合は片足ずつ無理なくやりましょう。太腿の前側を伸ばすストレッチです。

  腰あたりがそる場合はクッションや座布団などを挟んで、腰に負担のないようにしましょう。

 

5、両腕両足を上にあげ、ブラブラと動かします。リンパの流れを良くし、血行を促進します。

 

 

ブラブラが終われば、そのままおやすみなさい♪

 

 

体力に余裕があるときや、もう少しストレッチをしたい場合は、

寝たまま足を股関節からぐるぐると回したり、体をねじるストレッチも取り入れています。

 

部屋を真っ暗にし、終わればすぐに眠れる状態で行うとリラックスしてできますよ。

 

今夜から、お試しください☆

 

 

椿乃華オンラインショップ

 

JUGEMテーマ:ボディケア


かゆみ、ざらつき、ピリピリ・・・花粉による肌荒れ

3

ストレスの吹き出物に悩まされている・・・と思ったら、

 

次はなんだか、顔がやたらとかゆくて、どうしたのかな・・・と原因をあれこれ考えていると、

 

「・・・花粉だ!」と思い当たりました。

 

花粉の季節に、目や鼻、喉にアレルギー症状が出る花粉症。

 

同じように、肌がひりついたり、吹き出物、ざらついたりと、花粉によって肌荒れを起こすこともあるのです。

 

 

原因はバリア機能の低下。

 

乾燥により皮脂量が低下すると、このバリア機能も低下します。

 

バリア機能が低下した肌は、外的刺激を感じやすくなり、アレルギー症状が起きるのです。

 

特に顔や首などは、衣服から出ていることが多く、症状が出やすい場所です。

 

痒いからと掻いてしまうと、傷になったり、ますますひどくなりますので注意しましょう。

 

 

滲みないのであれば、きちんと化粧水や乳液などで保湿すること。

 

滲みるのであれば、低刺激の敏感肌用のスキンケアを使用するのが良いでしょう。

 

吹き出物などがある場合は、オイルなどを塗ると治らず悪化しますので、吹き出物が治ってから使用しましょう。

 

 

 

何週間も続くようなひどい場合は、皮膚科への受診をオススメします。

 

ニキビ予防効果のアラントイン・グリチルリチン酸2K配合

椿乃華オンラインショップ|スキンケアの基本https://tsubakinohana.net/?pid=25593328

 

 

 

椿乃華オンラインショップ

 

JUGEMテーマ:スキンケア


30~40代でも多い大人ニキビ、原因はストレス?

14

ゴールデンウィークも終わりましたが、

自粛生活で、休みのような、仕事のような・・・そんな日々をお過ごしかと思います。

 

私自身は、家でゆっくりできるし、普段は保育園にいる娘との時間も取れて、

自粛生活にそれほどストレスは感じてないと思っていましたが、

やはりストレスはいろんな形で現れています。

 

実は、自粛生活が始まってからずっと吹き出物に悩まされており、しかもなかなか治らない!

 

椿乃華オンラインショップ|肌トラブル

 

こんなことは久しぶりで、

普段は生理前などに少しできる時もあるかな〜くらいで、放っておいてもすぐ治っていたのですが、

今はフェイスラインや口元、首のリンパ節のあたりなどに次々にできています。

 

食事も野菜を意識して摂っていますし、

運動も、自粛期間で家にいるので子供と散歩や、家でヨガやストレッチをするようになったので、体はそこそこ動かしています・・・

 

原因として思い当たるのは、睡眠やストレス。

 

仕事に行く日は毎朝早く起きて、夜も早く就寝しますが、

休みの日が続くと、寝るのが遅くなったり、朝はダラダラと寝てしまったりと

生活のリズムも乱れ気味。

 

また、ストレスは、ホルモンバランスを大きく乱します。

 

今は女性も遅くまで外で働き、男性と同じように仕事をしているので、

家事や育児、仕事とやらなければいけないことも多く、ストレスも増えています。

 

こんな話を聞いたことはないですか?

「女性なのに、ストレスで髭が生えた」

これは、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが増えることによる症状です。

 

同じように、ストレスを受けると、男性ホルモンは増え、皮脂分泌が盛んになります。

そのため、ニキビができやすくなるのです。

 

できやすい場所は、フェイスラインや口元などが多く、

若い人のニキビとはできる場所やできやすい条件が違います。

 

できてしまったら、

触らない、潰さない、油分を控えめに、過剰に洗顔しないなどの注意が必要です。

手で触るとどうしても雑菌が入ってしまいますし、潰しても同じです。

油分の多いものを食べすぎたり、油分の多い化粧品は治るまで我慢しましょう。

 

化粧品は、できれば大人ニキビ用の化粧品を使った方が治りが早いです。

 

 

ストレスを感じないようにする、というのは難しいですが、

運動したり、いい香りの入浴剤のバスタイムを過ごすなど、

自分なりのリラックス方法やストレス発散方法を考えながら過ごしていきましょう。

 

 

ニキビ予防効果のアラントイン・グリチルリチン酸2K配合

椿乃華オンラインショップ|椿油の化粧水

 

人気急上昇中!!

椿油の石鹸

椿乃華オンラインショップ|椿油の石鹸

 

 

椿乃華オンラインショップ

 

JUGEMテーマ:スキンケア


青竹踏みで健康!ツボ刺激と血行促進

10

以前、このブログにも

お家で足湯のすすめ 『ストレス軽減・ほっと一息ついてリラックスしよう』を掲載しましたが、今日は足ツボ。

 

足湯と合わせて是非実行していただきたい足シリーズです。

 

足つぼマッサージにいかれたことはありますか?

 

軽く押しているだけなのに、とても痛かったり、

痛がっていると「胃腸が悪いですね」などと言われることがありますよね。

 

 

私も先週くらいから、昔100円ショップで買って、飽きてほったらかしになっている青竹踏みをまたやり始めています。

というのも、『婦人科系の悩みにも足ツボは効果的』という情報をどこかから手に入れたからです。

かかとの部分の生殖器の反射区、親指部分のホルモンバランスを整える脳下垂体の反射区、かかと部分の両サイドにある子宮や卵巣の反射区をほぐすと良いとのこと。

 

実は私、気がつけばいつも足首から下が冷たく、足が冷えて寝れないこともあるほど冷え性&血行不良。

昔、足マッサージ屋さんで「40分揉み続けているのに、全然足が温まりませんね」と言われたことがあります・・・。

 

この冷え問題、20代の若い頃は冷え性と指摘されてもあまり自覚がなかったのですが、

30代になり、生理痛があまりにもひどかったので、診てもらったところ、子宮内膜症を患っていました。

お医者様によれば、薬を飲む必要もないほど軽いものだという診断でしたが、

うめくほどの痛みや吐き気などの酷さでまだ病気の症状としては軽いのか・・・とびっくりしました。

 

30代になって、体が冷えると頭痛がしたり、

まるで冷えに力を奪われてしまったような体力の無さを感じることが増えたので、

体を温めることを意識すると同時に血行促進には力を入れています。

女性は特に、冷えは本当に婦人科系の病気に直結しますので、

今は若い方も、30代に様々な病気をしないためにも、是非温活や血行促進には取り組んでいただきたいと思います。

 

 

・・・ちょっと脱線しましたが、足の話です。

 

足には、体のいろんな部位や臓器に対応する反射区と呼ばれる場所が無数にあります。

この反射区を押したり揉んだりして刺激することで、対応する部位や臓器を活性化させたり、血行を良くしたりして、不調や体の痛みを軽減、改善します。

 

椿乃華オンラインショップ|足つぼ

 

↑こ〜んなにいっぱい・・・「ここはなんだろう?」と、見ながら押してみるのも楽しいですよ。

 

特に、足の土踏まずあたりは、老廃物も溜まりやすい場所なんだとか。

見てみると、消化器系やそれに付随した臓器の反射区が集まっていますね。

 

青竹踏みなどで刺激してみるのも良いですね。

足を揉む場合は、オイルやクリームなどで滑りを良くして行うのをおすすめします。

痛すぎない強さで押しましょう。

 

血流が滞ると、体内の流れが停滞します。

体内の巡りを良くするというのは、健康においてとても大事なことです。

血流を上げて、冷えを改善、体温を上げて、免疫力を上げましょう。

 

夜、眠りにくい方も押しツボや足のマッサージ、入浴法で改善される方もいらっしゃるようです。

 

足が冷えて眠れない・気がつくといつも足が冷たい方、デスクワークの多い方などは血流が滞りがちです。

血流を改善する様々な方法を実践してみてくださいね。

 

仕事や家事の合間に、寝る前に、テレビタイムに、いつでも気軽にできますから是非挑戦してみてくださいね。

 

 

JUGEMテーマ:健康


アルコール除菌による手荒れ対策と手のツボについて

11

コロナ対策で、毎日こまめな手洗い、アルコール除菌など、

頑張っていらっしゃると思います。

 

と、同時に

 

「手がカサカサしてかゆい

 

皮がむけてきた」など、手の荒れを訴えるお問い合わせです。

 

 

特に、コロナ対策のアルコール消毒は、揮発性の高いアルコールのせいで、手の水分を奪ってしまい、手がカサカサに。

しょっちゅう手も洗っているので、油分もどんどん抜け落ちてしまっている状態です。

 

しかし、このまま放っておくと、かゆみがひどくなったり、

ひび割れや皮が剥け、酷くなると膿んでしまったり、皮膚科に通わなければならないほどの症状になってしまいます。

 

オイルや保湿クリームをこまめに塗って、ハンドケアもしっかり行いましょう。

 

椿乃華オンラインショップ|国産椿油カメリアオイルゴールド

 

特に、手を長時間休めることができる就寝時などは、ハンドクリームやオイルをよく塗って、

保湿用の手袋をするなどしてハンドケアを。

 

 

時間があれば、手のツボマッサージもおすすめですよ。

 

椿乃華オンラインショップ|スキンケアの基本

 

 

ゝ際(ぎょさい)

 

手のひらの端で、親指の付け根にある肉の盛り上がっている部分の外側、親指の付け根部分より少し手首に近い場所。

親指の手の骨に沿って、クッと痛い場所を探します。

 

喉の痛みや頭痛、腹痛などに効果的。

 

 

∀宮(ろうきゅう)

 

丁度、掌の真ん中にあります。ぐっと手を握って、人差し指と中指の間の辺りです。

精神的な疲労やストレス、緊張などを沈める働きがあります。

 

 

神門(しんもん)

 

手首のシワ上、小指側にある窪み。

ストレスや不安などからくるイライラや緊張を沈めます。

 

 

つ摸ぁ覆弔Δ蝓

 

手首から肘の方へ指を滑らしていくと、手首のすぐ下に骨があり、その骨のすぐ下のくぼみのあたり。

腰痛や坐骨神経痛、生理痛などに効果的です。

 

 

ス臙(ごうこく)

 

手の甲にある、親指と人差し指の付け根のくぼみ。

万能のツボと言われ、体の鎮痛効果、ホルモンバランスを整えたり、精神を安定させたり。便秘やむくみにも。

 

 

腰腿点(ようたいてん)

 

手の甲の、人差し指と中指の筋の間にあるツボ(1)と、薬指と小指の筋の間、ツボ(1)と並行の位置にあるツボ(2)。

1はぎっくり腰に、2は疲労から来る腰痛に効果的。

 

 

陽池(ようち)

 

手首の甲、横じわの丁度真ん中あたりのくぼみ。

血流停滞から来るあらゆる不調(冷え性、抜け毛、生理痛)に効果的。

 

 

手は毎日使う、どんな体の部位よりも一番の働き者です。

ハンドケアをする時に、ツボの位置をちょっと押しながらリラックスしてくださいね。

 

 

↓↓

ハンドケアにも!しっかり保湿するのに、つけ心地はさらっと!

国産椿油のスキンクリーム

椿乃華オンラインショップ|椿油のクリーム

 

椿乃華オンラインショップ|国産椿油カメリアオイルゴールド

 

 

 

(参照:https://www.tsubomaster.com/

 

JUGEMテーマ:ハンドケア


お家で足湯のすすめ 『ストレス軽減・ほっと一息ついてリラックスしよう』

18

 

こんにちは。

 

自粛生活も2週間になりますが、まだまだおさまりそうにありませんね。

 

在宅でお仕事されている方も、長く机に座っていると、足がむくんだり、血行不良になります。

 

 

今日、お勧めしたいのは『足湯』。(←なんだかTVショッピング的な入りに・・・笑)

 

椿乃華オンラインショップ|スキンケアの基本

 

足湯は、バケツや大きめの洗面器とお湯を用意するだけで、

 

お家で簡単に実行できちゃうリラックス健康法。

 

 

でもその効果は入浴時と同じように得られ、しかも心臓などに負担のかからない方法です。

 

血行促進やむくみ、冷え性などを改善し、リラックスもできます。

 

足が冷えて眠れない方にもおすすめです。

 

 

 

温度は、38〜42度が適温です。

 

自分の体調などに合わせて調節してください。

 

ぬるくなったら、少しずつ差し湯をすると長く楽しめます。

 

水分補給も忘れずに。全身の血行が良くなりますので、じんわりと汗をかくこともあります。

 

水などを適度に取りながら行いましょう。

 

 

読書やテレビを見ながらできますし、アロマオイルをたらして好きな香りを楽しむのもリラックス効果が高まります。

 

終わった後は、入浴後同様、乾燥しやすくなってますので、オイルやクリームでしっかりと保湿しましょう。

 

 

 

また、温まった後、足のマッサージをすると、むくみにより効果的です。

 

休憩がてら、足のマッサージまで行なって、リフレッシュしましょう。

 

足首にも老廃物がたまりやすく、浮腫みやすい部分ですので、

 

足首を回したり、膝裏、鼠蹊部のリンパ節をさすって、老廃物を流します。

 

しっかりとオイルやクリームなどで滑りをよくすることを忘れずに。

 

 

 

↓マッサージのキャリアオイルにも!

エステサロンでもご使用いただいています。

椿乃華オンラインショップ|国産椿油カメリアオイルゴールド

 

 

↓ひじ膝かかとの乾燥しやすい箇所にもたっぷりと保湿クリームを!

椿乃華オンラインショップ|椿油のクリーム

 

 

JUGEMテーマ:健康





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:67 最後に更新した日:2020/10/27

search this site.

others

mobile

qrcode